表敬訪問(オークション会社幹部)

投稿者: | 2016年1月22日 10:39 PM

昨日と今日は世界最大のオークション会社の最高幹部等の表敬訪問がありました。

今後も中国等からの来訪が予定されており、当分忙しくなりますが、現在進む金融危機は本当の富裕層にはチャンスであり、一流のオークション会社としてもこれからが腕の見せどころとなります。

本当の富裕層は危機が起こる度に資産を増やしていますが、その理由は一般個人と逆を行っているからです。

株が上がれば売却して株が下がれば何年でも待って買い戻してまた値上がりを待つからです。

一般個人はその逆を行っており、株が上がれば買い、下がれば売っています。
これでは個人は資産を減らすだけです。

本当の富裕層は絵画でも値上がりするまで買った絵画をじっと待ちます。
そして値上がりした段階で売却し、値上がりしていない絵画を買って時を待ちます。

富裕層等が20年以上も前に買っておいた現代絵画は何倍、何十倍になり、昨年にピークをつけており今後値下がりしますが、富裕層は既に売却しており、十分な利益を確保しています。

この間に分散対象として買っていたオールドマスターや19世紀絵画は値下がりしていますが、富裕層は更に買い増しを続けます。
いずれ値上がりするのがわかっているからです。

安い時(値下がりしている時)は一般個人や力のない業者は価格に関係なく売りますが、それを富裕層は着実に拾い続けます。

そして気がつけば、膨大な素晴らしい絵画が異常な位の安値で富裕層の手の中に集まっています。

金融危機は富裕層には願ってもないチャンスであり、それを着実に繋ぐのが一流のオークション会社の役割と言えます。

そしてその一流のオークション会社と強固な関係を構築しているギャラリープレシャスは今年世界的に活動を開始することになります。

関連する記事