トランプ大統領を見切ったプーチン大統領

投稿者: | 2017年5月18日 11:40 AM

ロシアのプーチン大統領はイタリアのジェンティローニ伊首相との共同記者会見の席で以下のような発言をしています。

『アメリカでは政治の統合失調症の兆候がみられ、トランプ大統領はしかるべき責務を果たせない状況に置かれている』

「政治の統合失調症」とはよく言ったもので、アメリカ政治が撹乱状態になっていると指摘しているのです。

また、以下のような発言もしており、アメリカをこき下ろしています。

『ロシアのスローガンによってアメリカ国内政治に新風を吹き込もうとしていると言われていることには驚く。
このような行動がアメリカ自身にどのようなダメージを与えるかを理解していないのであれば(アメリカ人は)愚か者だ。
もしすべてを理解したうえでの行動なのであれば、危険で腐敗している』

今回のプーチン大統領の発言はアメリカとは話はしないと述べていることになり、ロシアはアメリカを無視して、今後突進していくはずです。

何故なら、相手が「キチガイ」ならまともに相手にする必要はないからです。

アメリカという巨大国が「キチガイ」扱いされる今の時代は世界がまさに混迷する時代に突入したとも言えます。

あらゆる面で身構えるべき時に来たと言えます。

関連する記事

カテゴリー: NEW