アメリカ:ベネズエラに軍事介入?

投稿者: | 2017年5月19日 9:00 AM

国連安保理は17日、アメリカの要請に応じてベネズエラについて協議し、アメリカのヘイリー米国連大使は会議後、記者団に以下のような発言をしています。

「ベネズエラの状況は悪化の一途をたどっており、国際社会は声を上げるべきだ」
「状況が改善しなければさらに多くの市民が犠牲になり、シリアや北朝鮮と同じ道をたどる」

これは国際社会向けというよりは、アメリカがベネズエラに軍事介入する準備を進めていると言え、今後アメリカは、シリア・アフガニスタン・北朝鮮・ベネズエラを天秤にかけて、アメリカが軍事介入をするべき相手を決めることになるのでしょうが、産油国であるベネズエラに軍事介入して油田を抑えればそれを軍事費用に転用できますし、仮に油田を破壊した場合、原油価格が急騰しますので、シェール原油産出国であるアメリカは儲かります。

どちらに転んでも儲かるのが「ベネズエラへの軍事介入」と言え、アメリカは、シリア・アフガニスタン・北朝鮮にはそこそこの対応をしておき、ベネズエラに軍事介入すると見て間違いないかも知れません。

関連する記事

カテゴリー: NEW